訪問看護

ひなぎく訪問看護リハビリステーション

事業所番号:2765590407 電話番号:072-983-5771

事業所番号:2765590407 
電話番号:072-983-5771

医療と介護の架橋として「生き方を看護」します

病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師やリハビリテーションスタッフが生活の場へ訪問し、看護ケアや在宅リハビリテーションを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。訪問看護は医療保険や介護保険で受けることができます。
ひなぎくの訪問看護リハビリステーション特徴としては看護部門とリハビリテーション部門が連携し、お互いに情報共有し広い視野で利用者様に関わることで、より質の高いチーム医療・介護を提供します。

image

「ひなぎく訪問看護ステーションの取り組み」看護部門

わたしたちは訪問看護を通じて社会課題を解決していきます。
現在の日本は医療や介護に関する様々な社会課題が山積みであり、寝たきりの増加や糖尿病などの生活習慣病の増加など解決すべき課題は多くあります。わたしたちは社会課題を少しでも解決したいという想いから以下の取り組みを開始しています。

1.寝たきりを減らしたい
寝たきりの多くは寝かせきりからはじまります。寝たきりで必要となった看護ケアだけでなく、脱ベッドを合言葉に寝かせきりからの脱却のために専門的に関わっていきます。
2.退院直後の不安を軽減したい
不安や困りごとの多い退院直後に対する無料看護・リハビリ相談(1 回)ができ、退院後の生活をサポートします。
3.生活習慣病による合併症を減らしたい
重大な合併症を起こしかねない糖尿病や高血圧などの生活習慣病に対しての看護ケア。病気の相談、運動や食事療法を続けるための心理的サポートをかかりつけ看護師として支えていきます。

こどもを産み、育てながらやりがいを持って働くことができる訪問看護ステーション日本一を目指します。
進化をし続ける医療情報にもいち早く対応できるよう急性期病院での十分な経験を積んだ看護師を中心に、ご自宅で健康状態の観察や助言、医療的処置の実施、認知症・終末期の看護をかかりつけ医と連携をとり行っていきます。子育てをしながらやりがいを持って働き続けることができる職場が少ない、という社会的課題を解決するために以下の体制を整えています。

1.ライフスタイルに合わせて働き方を一緒に考えながら選べる体制
2.急な休みに対応できるようなフォロー体制
3.キャリアアップのための認定看護師による研修体制
(急変時対応、人工呼吸器、褥瘡 など)

リハビリテーション部門

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の国家資格を有したリハビリテーション専門職がご自宅までお伺いし、実際の生活の場で機能訓練や動作訓練を実施します。また住宅環境改善や介護者への助言も行います。
脳卒中や脊髄損傷、骨折、神経難病、呼吸器疾患、心疾患など様々な病気の機能障害に対するリハビリテーションに対応可能で、訪問呼吸リハビリテーションを実施している数少ない事業所でもあります。

利用対象者

基本的に医師の指示がある方や、介護保険で要介護状態である方はご利用になれます。
看護やリハビリのことでご相談事がありましたら、1 回に限りますが無料相談ができますので、 ご気軽にお問合せください。

ご利用の流れ

■ 医療保険の場合

image

■ 介護保険の場合

image